読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第一部

第15話 ダウンヒル ハチロクvsハチロク
「安藤 姫です。」
「藤原 文太だ、よろしく」
「あなたの走りを春に見てからこの世界に来たようなもんなんです。貴方に私の今の実力を見せます!!」
「ふっ、女なのにいい威勢だ、その実力とやらを見せてもらおう」

「頼むぜ姫ちゃん、見てて分かる、あの人から物凄いオーラが感じ取れる、本気で行けよ」
「大丈夫だよ優ちゃん、最初から150%の本気で行くから」
(゚д゚lll)「今、姫ちゃんから羽みたいなものが見えた...あれは一体...」

「カウント行くぞ!」
5、4、3、2、1、GO!
二台のハチロクスキール音が鳴り響き、駆け出した

「加速からして、向こうはボルトオンターボをしてこっちより+20、30ps当たり出てるな」
「後ろからビリビリと伝わる、この人...速い!!」

第一ヘヤピン
(゚o゚;;「来たぞ!!」
(゚o゚;;「ハイメタのハチロクが前だ」

「ヘヤピン、、、あれ?やりやすい、後ろの伸びが良い...これなら」
「おお嬢ちゃん、いい突っ込みしてるよ」

Σ(゚д゚lll)「ハイメタのハチロクのトラクション、凄すぎるぞ」
Σ(゚д゚lll)「それどころか、良くノーブレーキで行けたな」

「まさかノーブレーキでこのヘヤピンをクリアするとは、あの娘、長生きしないタイプだろw」
「凄い凄い!!ブレーキかけないで赤の回転数のとこでしっかり曲がれる、、、楽しい!!」

「なあ店長、今回のハチロクのチューンってどんなもんなんだ?」
「ん?...あぁ、今回はデチューンして200psしか出してないけど、等張リンクとデフでしっかりと曲がれるようにしたんだ、前は等張リンクが入ってなかったし」
「まじかよ、あれであのハチロクに勝てるのか?」
「勝てるとは思っていない、ただ、あれが今できる限界なんだ」
「そうか、姫ちゃん、、勝ってね」

無線「こちら第一ヘヤピン、今二台のハチロクが抜けて行った、すごいぞハイメタのハチロク、ノーブレーキで抜けて行ったぞ」
Σ(゚д゚lll)「まじかよ!!
Σ(゚д゚lll)  「  まじかよ!!
「姫ちゃん、本気って言ってたけど、やりすぎだよ!!」
「流石だな、姫ちゃんはただの走り屋じゃないんだな、簡単に言うとナチュラル、、天然のミラクルガールだな」
「姫ちゃん、、」

「行ける、、今のままだと行ける、楽しいよ、辞められないよ、この快感」
「女なのに物凄いドラテクだな、こんな奴がまだ秋名にいるとはな、まだまだ降りれないな」


次回、第一章 完













はいどうもCrιηαlεです。更新遅れてすいませんorz
二年でやっと第一章が終わりますね、サボっていた俺が悪いんです、はい
今後ですが、第二章は時期が空くと思いますが書きますよ、けして失踪ではないので、そこのところはご理解のうえでn(ry
来年は傾向を変えて新しくホラー系のを書いてみようかなと思います。
では、ノシ