クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優ハチ番外編 安時の過去 Act.5

悪魔の羽が生えるとき

Act.5 翼

数ヵ月後

あれからというもの、EvoDevilsは解散し、今はほぼ一匹狼で走っている。毎日椿ラインを攻め、地元では負け無しのランエボ使いとして恐れられている。

「自分で手を入れてるとはいえ、少しパワー不足かなぁ、タイムが伸びていない」

とにかく俺はあの悪魔への再戦のために毎日走りこみ、時には全国各地にある峠を遠征している。

「久しぶりですね、リーダー」

いきなり後ろから声をかけられた。

「ん?久々だな、鴻上。元気にしてるか?」

「ええおかげさまで、しかしリーダーがCEからCTに乗り換えるとは思いませんでしたよ」

「まあな、ちょっと気になっていたし、試乗した時にかなりバランスが取れていたからこれにしたよ」

「そうですか、やはり俺はCEを乗り回すリーダーの姿が未だに忘れませんよ」

「そういうお前もCEだろ?地元の阿蘇に戻って今阿蘇最速なんだってな?」

「ははは、リーダーにもその話聞いたのですか...」

「まあな、それにもう解散したんだしリーダーリーダー言うのやめたら?」

「無理ですよ、リーダーはこれでも恩師なんですから」

「そう...」

鴻上 大樹、元々EvoDevilsに所属し、フォーエバーナイツと呼ばれている走り屋だ。その名で分かる通り、後の”二代目”エモーショナルキングである。

「リーダー、久々にバトルと行きませんか?」

「構わないよ、新たなセッティングのチェックにもなるし下り一本でいこう」

そういって先攻後攻の形でバトルが始まった。安時のCT9Aが後ろで鴻上のCE9Aが前の形でバトルがスタート、第一コーナーのS字、高低差の大きいバンクコーナーをヒラリヒラリと2台のランエボが椿ラインを攻めて行く

「確かに昔に比べて隙がなくなったけど、詰めが甘いね」

「ここで行くのかよリーダー」

途中で安時が前に出てポジションチェンジをした。その時に鴻上はそのとき見た光景に驚愕した。

「!?、リーダーのランエボから恐ろしいオーラを放っている...前以上におぞましくマシンを覆う稲妻、そして俺は見た...加速させるかのように生え、一気に羽ばたいたそのおぞましい黒い羽を」

 

「リーダー、アンタの走りを久々に見て感じた、前以上におぞましかったぜ」

「そうか?俺はいつも通り走っただけだぜ?」

「無自覚ですか、まあ仕方ないですよね、あれは分かるものでなければ見えないオーラだから...」

「?オーラー?お前もかなりいいオーラ出てたけど?」

「ありがとうございます。じゃなくて、リーダーのランエボから黒い羽が見えましたよ、あれは恐らく悪魔の羽...聖域の悪魔に羞じないオーラーを放っていました」

「悪魔の羽...か、いつしか悪魔が悪魔を潰さないといけないのかもな」

俺はそう思いながら再戦まで走っていた。そしていろは坂のエンペラーをひねり潰したのだが一年後にエンペラーが群馬エリアに向かいという情報を得、姫ちゃんたちならいけると感じ、俺はハチロクのパーツとFDのパーツをもって群馬に向かった。

でも俺は絶対に撃墜す、あの忌まわしき悪魔は俺が倒さないといけないから...

 

END

 

てことで、これまで優ハチと番外編を見ていただきありがとうございます。当分はチョロQの方を書きますが、落ち着いたら第三部、県外遠征編を書いていきますので、気長にお待ちください

優ハチ番外編 安時の過去編 Act.4

悪魔の羽が生える時

Act.4 崩れた関係

Act.3から月日が流れて2001年の秋

安「にしても、基矢を破ったFD3Sか、気になるところだ」

基「ああ、聞いた話だとあの舘すら敗れたみたいだからな」

安「それは気になるところだ、まあ今はあのパンテーラを追うのが先だがな」

そこには安時が愛用して乗っているCE9Aではなく同じように愛用しているBCNR33と基矢が乗り回す青いBNR34があった

この頃には岩崎基矢が首都高である走り屋に破れて首都高を去っていた頃である。

 

翌日 夜 いろは坂

安「悪いな、今日の模擬戦はこれで終わりだ。敗れたものは何故負けたのか、それを基にどうしたらよいか考えて来週の交流戦に繋げよう」

ちょうど安時がリーダーを務めているチーム「EvoDevils」の集まりが終わったところであった。

め「本当まとめるの上手いよね安時って」

安「まあな...それで、明日の相手は俺ら3強が出なければならなかったんだよな?」

め「ええ、向こうからのご指名だってさ」

安「やれやれ」

 

翌日 夜 いろは坂

安「来たみたいだな」

そこに現れたのは黒のカラーに塗られたマシンたちである。

?「今日はよろしく頼むぜいろは坂最速の3人集さんたちよ」

め「ええ、私は灰山 めぐ、ここいらでは『峠の死神』と呼ばれているわ、一応『Horndead Nightmare』のリーダーを勤めさせてもらっているわ」

安「俺は西嶋 安時、『峠の悪魔』と呼ばれ、『EvoDevils』のリーダーを務めている」

白「白木 理雄だ、『峠の天使』と呼ばれているが、チームを持ってはいないさ」

覇「俺は覇魔 餓鬼、最速の座を目指している。『Evil Undante』はそのためのチームだ」

安「始めよう、ここは上りと下り、混合の3つで相手する。下りはめぐさんが、上りは白木、混合は俺が相手する。」

覇「いいだろう、俺は混合を走る、古木は上り、大田は下りを頼む」

このチームが極悪チームであることは分かっていたのだが、問題はそのやり方だった。

勝負は3本とも勝利しバトルは終わり、翌日も走り込みをしていたのだが、不意を着かれてしまったのだ。

 

安「めぐさん、送りますよ」

め「ありがとう、恩に着るよ安時」

 

?「いまCE9Aが走り出した、好きなタイミングでやれ」

?「そうさせてもらう」

 

第一いろは坂 23コーナー

安「待ち伏せていやがったか、どこのアホか知らないが俺に追いついてきてみやがれ!」

?「速すぎる、普通にやったら確かに太刀打ちできねーな」

め「あのS15に見覚えある、おそらくは昨日バトルした奴」

安「極悪だとは聞いていたが、まさかこんなやり方をするとはね」

 

くねくねとつづら折りをすいすいと下るCE9Aに対し、立ち上がりでふらつくS15、だが追いついてきてはケツをぶつけてきてクラッシュをさせようとしている

安(悪いが、あいつに比べたらそんなものは弱いものだ。対策はできる)

?「ちっ、この先の少しスピードレンジが高い左コーナーでやるか」

32コーナー

安「ここで千切る」

?「くたばれ」

S15が減速もせずにCE9Aのリアホイールにぶつけてきた。その反動でS15は旋回して走り抜けたが、CE9Aはスピードが余りガードレールに衝突。幸い崖から落ちなかったが、リアホイールとフロント、特に反動で一回転したために左が無残なことになっていた

ちょうどゆっくりと下っていた一人の走り屋が救急車を呼んで病院に運ばれたが、CE9Aは廃車、安時は1週間の入院、めぐは意識が戻らない状態になっていた。

 

退院後

白「よお、あの夜に何があったんだ?」

安「Evil Undanteの一人に俺の愛車をやられた、さらにはめぐさんをあんなことにしてしまった」

白「極悪とは聞いていたが、そんな酷いことをな...安時、避けれたはずじゃないのか?」

安「俺もそう思った。だが、あいつは何もみさかいもなく突っ込んだ」

白「めぐがあんなんになったのはそいつにもあるが、安時にも責任はあるはずだ」

安「分かっている...ただ...今は一人にさせてくれ...」

白「...あいつが悪くないことはない...だけど、あれじゃあ何も変わらない、溝ができることになるが、めぐの意識が戻るまではあいつが成長できるように悪役をかってでなければならないのかもな...この件は俺達が収めなければならないこと、これで3強は敗れ、ちりじりになったと噂で持ちきりになるな」

安「...白木、お前は一体何がしたんだ?」

この後各地の峠ではいろは坂3強が敗れたことで話がもちきりになるが、俺と白木はいがみ合うことになり、つるむことはなくなり、一足触発のピリピリモードになってしまった。

今でもめぐの意識は戻らない...相当のダメージを追ってしまい、意識が戻るか分からない状態だ

俺はCE9Aを失い、BCNR33では峠はやってられないと思い、その頃の新型のランエボCT9Aの白を購入した。同じタイミングで白木はGC8を弟に譲り、黒のGDB-Aを購入した。

相変わらずのいがみあいが続いた。

そんな中、月日が流れて翌年の夏から秋に変わる時にエンペラーの動きを読んで俺はZero Fineへ出向くことにした。

To Be Continued..

次回 「翼」

優ハチ番外編 安時の過去

悪魔の羽が生える時

Act.3 いろは坂最速の3人集、天使と死神、そして悪魔

事故を起こして数ヵ月後 いろは坂

スキール音とともに二台のマシンが勢いよく第一いろはのつづら折りを下っていく。

安「相変わらず上手いな、GC8を知り尽くした走りだ」

?「上手いように均衡して張り付いている...本当に18の実力か?」

白いランサーエボリューションⅢGSRにラリーで使われているラリーポットを取り付け、独特なサウンドを鳴らして攻めている。

黒いインプレッサWRX STIのⅣ型をワイドボディ化し、水平対抗独特のサウンドを響かせている。

?「しっかし、安時が後ろにいる時にあいつのミスファイアリングシステムの音はプレッシャーを与えてくる...きつい」

一つ一つのコーナーを攻める時にエボⅢから聞こえてくる爆発音はミスファイアリングシステムによるアフターファイアーのサウンドである。ミスファイアリングシステムは須藤京一が操る黒のエボⅢが使用しているシステムである。説明は本編でしているのでここでは省かせてもらう。

 

安「キレがよくなってるじゃないか白木、後ろから見ても乱れはなかったぜ?」

白「あんがとよ、そういうお前も立ち上がりでリアが乱れなくなってきているし速くなっていってるぜ」

黒いGC8は白木 理雄という男性が乗り廻していた。そこに一人の女性が現れた。

?「あら、その様子だと決着は着かなかったのね」

いきなり現れたこの女性は灰山 めぐ、シルバーのST205を操る走り屋である。

安「めぐ、今日はヒルクライムを中心に走りこんでなかったか?」

め「なによしているわよ、これからアタックしようとしているのに失礼しちゃう」

白「ははは、そうカリカリすんなよ、これから俺らも登ろうとしていたから3人でつるんでいこうぜ?」

め「それもそうね」

セリカ、エボⅢ、GC8の三台が均衡した距離で第二いろは坂を攻める。

走り屋1「あれっていろは最速の三人集だよな?今日は一緒に走ってるんだな」

走り屋2「みたいだな、先頭で走っていたのはめぐさんのST205だから『峠の死神』だな、次にいたのはエボⅢだから安時だったな」

走り屋1「安時って元々神奈川の方で走ってた奴だよね?」

走り屋2「ああ、なんでもわざわざ神奈川から栃木まで走りに来てるっぽいよ?」

走り屋1「まじかよ、しかも18であの実力、一体どんな走り込みをしたらあそこまでいけるんだろうな」

走り屋2「さあな、最後にいたのは白木さんのGC8だったな、めぐさんと安時は白木さんが目を付けてつるんでるみたいだよ」

走り屋1「へえ、『峠の天使』と呼ばれるようになってから更に走りに磨きがかかってるよね」

走り屋2「確かにな、安時がここに来てからそう呼ばれてるな。でも元々天使はいたらしいけど、安時は話したくないらしいよ?」

走り屋1「へえ、何ででしょうかね?過去に何かあったんだろうか?」

走り屋2「それはあいつ自身が知っていることだろう、俺達が知ることではないことだろうしな...あの『峠の悪魔』の過去は深く抉らない方がよさそうだ」

 

山頂

安「よくなっているなめぐ、突っ込みが良くなってるぜ」

め「ありがと、安時」

白「...本当に18の実力か?場数をかなり踏んだ走りだったぜ?」

安「...話してもいいのか?それに、過去に嫌な出来事も話すことになるぜ?」

め「構わないよ、それに私達がどうして天使、悪魔、死神と呼ばれることになったのか知りたいし」

安「分かったよ...昔は神奈川で走っていたんだ...」

 

数分後

め「そんなことがあったんだ」

白「ああ、どうりで速いわけだ、それに...俺がその聖域の天使のあとを継いだことになるのか...」

め「まあ、私達三人が最速として一緒にがんばろうよ」

白「そうだな」

 

蓮二の実力に似ている白木に出会い、俺は三人で一緒に走ることにした...だが、まさかあの出来事がきっかけでこの関係が崩れてしまうなんて今この頃の俺は気付かなかった...

To Be Continued..

次回「崩れた関係」

優ハチ番外 安時の過去編 Act.2

悪魔の羽が生える時

Act.2 怒りの彷徨、消えた天使

大事故から一週間後

安「...セットアップはこれでよいかな、アンダー寄りだけどクラッシュさせに来ても対処できるだろう」

朝「安時、どうなんだよRは?」

安「ああ、対デビルRへの対応のためにアンダー寄りにしてみたんだ」

朝「アンダー寄りって、お前のRのコンセプト潰すんか?」

安「ああ、アンダーを消すセッティングだと逆にクラッシュするだろうしな」

朝「そう、折角慶太さんが用意してくれた32Rを潰さないようにね」

安「ああ」

 

翌日 夜

椿ライン

章「呼び出したのはアンタか?」

安「ああ、下り一本でだ」

章「ならお前が先行で逃げ切れればお前の勝ち、無理なら俺の勝ちでどうだ」

安「構わないよ、連二のためにも勝たしてもらうよ『街道キングダム』として」

章「お前がそうだったのか」

S字の第一を抜けて二台の32Rがアクセルを一気に踏み込む

章「パワーはそこまで出ていないようだな、おそらく450ps、天使と同じかそれよりパワーがあるか...4WDなら早めにタイヤを削らして後半でやればいいだろう」

 

椿ラインを1台一般車が登ってきていた

「うわ、すごい速い車が下っていってたぞ」

「前にいたのは安時の32Rか、水色だから分かりやすかったしな」

「後ろの32Rは一体誰だ?」

「赤、しかも紅色、もしかしたらあいつかもしれない」

「もしかして悪魔か?」

 

安「タイヤの熱ダレが狙いか?悪いがそれは無理だぜ」

章「すごいな、他の4WDの連中に比べて上手いな、ならもうやるしかないか」

 

登りと下りとの分かれ道

章「散れ」

章の32Rが安時の32Rの横に並び分かれ道に入った。もちろん横サイドを擦り付けながら入り、コーナーとは逆の32Rは向いていた

安「くそ」

安時は咄嗟にブレーキを踏み、抜けてからまた前に出て章のRは縁石に乗りつつ立ち上がりまた後ろに張り付く

 

ヘヤピンコーナー

章「またここか、散れ」

章の32Rがブレーキを一切踏まずに安時の32Rのリアをぶつけた

安「くそ、ハンドルがきかねえ」

速度にしては120km/hから減速して70km/hまで減速中に押され、110km/hで頭からガードレールに突っ込んだ

 

安「...くそ、いつかは借りは返す、街道キングダムはこれで死んだ...Rを直せるだけ直すしかないよな」

 

Rを直してもまっすぐ走らなかった。俺はRを手放し、数ヵ月後に出た白のエボⅢを購入した...だが、一つの出来事がきっかけである奴と衝突するとは思わなかった

To Be Continued..

次回「いろは坂最速の3人集、天使と死神、そして悪魔」

優ハチ番外 安時の過去編 Act.1

悪魔の羽根が生える時
Act.1 散っていった蒼き天使
第1部から10日後 椿ライン
安「んで、どうなん?FDの調子?」
蓮「悪くないよ、立ち上がりもコーナーも前のFCより速いし」
安「そう、、気をつけろよ蓮二、あの悪魔とバトルした者は全員病院送りにされているんだからな」
蓮「分かってる、、これは俺も避けては通れないバトルだからな」

神奈川県某所
安「師匠、Rの調子はどうなんですか?」
師「ああ、完全にミッションブローだ、、ミッションを載せ替えるか全てのギアを変えないといけない」
安「そうですか、、」
その時にロータリーサウンドがこちらに近づいてきた
蓮「どうも慶太さん、オイル交換でリフト借りますよ」
師「蓮二か、端のリフトを使え」
蓮「ありがとうございます、、それよりもあの悪魔とバトルする日が決まりました。明後日です」
安「明後日か、FDに乗り換えたばっかなのに無茶すんなよ?」
蓮「分かってるよ安時、、今日明日でリセッティングに付き合って下さい」
師「ああ、天使と悪魔の対決、、面白い結果になりそうだな」
この時俺はもしかしたら蓮二があの32Rに勝てるんじゃないかと期待していた、、だがまさかあんな結末になるとは思いもしなかったのだ

翌々日 夜 椿ライン
蓮「来た」
そこに現れたのは紅く派手なBNR32だった
?「連絡した通り下り1本で並んでスタートだ」
蓮「分かった、、俺は有明 蓮二、、聖域の天使だ」
章「俺は森口 章、、聖域の悪魔だ」
ギャラリー1「天使と悪魔の対決、、しかもRvsRE、、面白いバトルになるぞ」
ギャラリー2「聖域の天使は今や椿ライン最速と言われているけど、全ての峠で最速の男だからな、、悪魔は辛いんじゃないのか?」
ギャラリー3「いやいや、悪魔とバトルした者は全員病院送りと言われているからな、、天使でも難しいバトルだと思う」

安「気をつけろよ蓮二、、登る姿を見てその気迫を感じた、、あのRは危険すぎるぞ」

カウントダウンから同時に急加速でバトルがスタートした
FDが前、Rが後ろで始まった
蓮「本来Rなら先行になるはずが途中でアクセルを抜いたか、、どう来るか」
章「いつやるか、、そこがキモなんだ、、俺は最速となる、、それ以外はない、、」
第一ヘヤピン
ギャラリー4「来たぞ!FDが前だ!行け!蓮二さん!!」
章「早いがどう動くか試させてもらうぞ」
コーナーに差し掛かった瞬間、、そこに今いる全員が戦慄した
蓮「馬鹿か!!」
32Rがアウト側から仕掛けるのはまだ分かるが、皆が戦慄したのはその後の出来事である
ギャラリー5「32Rが急に消えた、、というか、ヘッドライトを消した!?」
蓮「音で何とか分かる、こいつ、、内側に同じ速度で突っ込んできやがった」
コーナーをクリアし、32Rのヘッドライトが着いた
章「そうでなくては面白味がない、、次はあてるぞ」

第三ヘヤピン
ギャラリー6「来たぞ、どうなる!」
章「悪く思うなよ」
FDが理想のコーナリングをしているが、32Rはオーバースピードで突っ込んできた
ギャラリー7「嘘だろ!?あからさまにオーバースピードだ、、FDとぶつかるぞ」
蓮「何をするつもりだ!?」
章「散れ」
GT-RにはアテーサETSという装置がある。滑った際に滑らなかった側の駆動輪に駆動力を伝達させ、スピンをさせない装置を利用し、32RがFDの内側でサイドプレスをかましてきた
蓮「くっ、、病院送りの理由はこれか!?」
咄嗟の判断でブレーキを踏み、リアを滑らせ、サイドプレスの衝撃を緩和させ、32Rが膨れ上がりFDがまた前にでる
章「流石だ、こうでなくてはな」
ギャラリー7「うわ、流石は蓮二さんだ、俺だったら壁に刺さってるわ」

ラストのヘヤピンコーナー
安「スキール音、、来た!」
ギャラリー8「蓮二さんが前だ!」
その4秒後、、そのコーナーでギャラリーしていた者達は一瞬で凍りついた
勿論安時も例外ではない
章「散れ」
アウトから32Rが仕掛け、コーナー中に急停止した。ドリフト中のFDはその32Rに猛スピードで横から突っ込んだためにFDは空を舞った
FDは横転し、32Rはゴールへ走り出した
安「れ、蓮二!!」
FDからはオイルとガソリンが漏れ始めた
そして、、
ドーーン
FDが大炎上してしまった
安「蓮二!!!」
ギャラリー9「おいおいマジかよ、誰か消防車を呼べー!!」

頂上
おいおいしたからの連絡で、蓮二さんのFDが大クラッシュで炎上したらしいぞ
蓮二さんが?クラッシュはしないはずなのにか?
どうやら32Rがクラッシュさせたらしい
師「蓮二、、無茶はするなと言ったはずだが、、安時はどうすんだろうか」
その後椿ラインにギャラリーしていた者達は皆一目散と帰宅した
残った安時と安時の師である慶太はFDの後処理とパトカーを呼び、黒焦げとなったFDの撤去の手伝いを行った

to be continued..

次回「怒りの彷徨、消えた天使」

【報告】マリオカートシリーズ引退について

https://twitter.com/nightmare_ct/status/952141760330809344

この度、個人的な理由なのですが、マリオカートシリーズでのオンラインバトルを引退致します。

ツイートの通りなのですが、半年後までに結果が出なければ引退をします。

突然にはなりますが、これまで一緒に走ってくれた方々、本当にありがとうございました。

これまでのマリカー人生を何処かしらのタイミングで書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

2017シーズンを振り返って 11月~12月編

年末ですね~、ということで11月~12月の振り返りをしていこうと思います。

 

SFWC最終戦...そして

11月上旬にSFWCの最終戦が行われた。

 

コースは鈴鹿。相方が得意としているコースだった。

 

私達VMMは最終アップデートをパワーに振ったためにコーナーがきつかったところがあったかなと思った。

 

でも十分速いタイムが出せれたから失敗では無いだろう。

 

結果は2位で相方は3位。

 

VMMは前戦でタイトル会得していたためにチームは1位で終わったが、NK氏が1位になり、有効ポイント制によりドライバーズは3位で終った。

 

私はやりきった...相方のK.LINEにも感謝しかなかった。

 

SFWCは来季も開催されるので、来季も参加する。

 

遂にスーパーSSを開催

IRCのエキシビジョン第3戦はスーパーSSとして香港Rで開催。

 

やっとスーパーSSを開催することができるということが私にとっては嬉しかった。

 

結果としてはハンデも考えてで3位

 

GT系で達成率100%を達成をしたチノさんが参加し、ますます楽しくなっていった。

 

今年のTAの〆は自分のTAだ!

12月、最後に残ったTAは自分の主催するTAのIRCである。

 

コースはシャモニーR。

 

かなりハンデが重い中わずか10分であまりにも速いタイムを出してぶっちぎり勝ったのだ。

 

結果としてタイトル会得したので主催とはいえ、一人の参加者として嬉しかったのだ。

 

これまでが私のこの一年の結果ですね~

前半は来年は前線を降りようとか思ってもいましたが、後半からは楽しく走れたので、来季も続けてやっていこうと思いました。

来季はSFWCでは新たにDepressionこと鬱波として参加し、SFLはVSTTの監督、後半からですが、IRCの主催を頑張っていこうと思います。

この一年をまとめると「急成長と楽しみ、新たな試み」ですかねぇ~