読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第9話 新たなエンジンを求めて

横浜市 某所
安「はい、分かりました。ありがとうございます。」
ピッ
安「だめかぁ、、4A-Gの良好なエンジンはやはり見つからないかぁ」
愛「なんなら友人にでも頼んでみたら?」
安「ん?ああ、聞いてみるかな」

安「朝奈、4A-GEUの良いエンジンないか?」
朝「ん〜、、、無いことはないよ、ちょっと面白い物が手に入ったし」
安「え?マジで!?」
朝「見に来いよ、ウチもこれはビビっと来たから」
安「おk、これから行くわ」

1時間後 箱根市某所

安「嘘だろ死堕落、こんなエンジンどこで見つけたんだよ?」
朝「懐かしいなその呼ばれ方、こいつはあるルートで偶然貰ったものでさ、もうウチのハチロクにはTRD製のAE101の4A-GEUが積んでいるわけだからやるよ」
安「となると、サスのリセッティングと低重心によるバランスとりはしないとな」
朝「だよなあ、姫ちゃんだっけ?ウチのハチロク貸してやってるけど、相当な腕みたいだからいい感じのセットにしてやったらどう?」
安時の脳裏には過去に起きた親友の大クラッシュを思い出していた
朝「安時?大丈夫か?」
安「あ?ああ、ちょっとな、あいつのFDを思い出していたよ」
朝「蓮二だっけ?あの忌まわしき悪魔とのバトルでクラッシュした」
安「、、、とりあえず、京さんに連絡しとくわ、朝奈、サンキューな」

安「、、、蓮二、、、いや、聖域の天使、、」

黒「安時さん、私のシルビアはどうですか?」
安「ん?世津子か、S15やろ?届いてるよ」

zero fine
店「姫ちゃん、エンジン見つかったんだってさ、明日持ってくるそうだから、ちゃんと安時に礼しなよ」
姫「分かりました」

 

 

はい、ということで、安時サイドでエンジン探しの話でしたが、次回はエンジンスワップとテスト走行編となります

 

次回「NEWエンジン、4A-G改」

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第八話 サヨナラ、私の4A-Gターボ

ギャラリー「来たぞ!ハチロクが前だ!」

ギャラリー「あれ?ハチロクのスピード速くないか?」

ギャラリー「うわっ突っ込んでくるぞ!」

姫「ここは、、、いける!!!」

ハチロクが普通よりも速いスピードで突っ込み、速いスピードでクリアしていった、、このときの速度は突っ込みスピードは150km/h、立ち上がりは130km/h

清「ハチロクでこんな速い速さで抜けるか、、、少し離れてしまったが、、このエボの速さなら追いつけるからそこまで問題はないだろう」

 

五連ヘアピン

麗「来たな、、、ハチロクのエンジン、、やばいな、、、ブロー寸前だな」

清「コーナーのスピードがあまりにも速すぎる、、、」

姫「これでもう追いつかない、、、ぶっちぎりでお終いだね」

 

橋コーナー

優「あ、安時さん、、どう思います?姫ちゃんは勝てますか?」

西「俺の予想だと勝てる、、、ただ、上っていくときのサウンドからして、最悪の場合、破滅的な結果になる恐れがあると思っている」

優「破滅、、的な、、、結果、、、」

スキール音が近づき、、、

優「姫ちゃん、、、勝ったんだ、、、」

西「!?、、、あと10秒、、」

優「え?」

安時が発言してジャスト10秒後に、、、、、

バンッッ!!

全員「!?」

姫「!?、嘘っ、舵か切れない、、、ボンネットから煙が、、、これは、、、私の4A-Gターボが、、、私の大切なハチロクが、、、死んでいく、、、、、、、」

急な音は紛れもなく姫の乗るハチロクから鳴り、、その音の正体は、、、エンジンブロー、つまり、、姫が大切に手入れしていた4A-Gターボが死んでしまった破滅的な音

須藤「清次、、負けたのか、、、ハチロクは、、、エンジンブローか、それでも前にいて勝っているか」

姫「ごめん、、、、、私のハチロク、、、、、、、」

須藤「本来ならばエンジンブローモータースポーツの世界ならば負けなんだが、お前は清次のエボの前にいてゴールした、、、、お前の勝ちだが、もうハチロクは潰したらどうだ、このまま負けにするのは歯がゆいから速い車に変えたならいろは坂に来い、地元だからいつでもいる」

西「そこまでにしとけよ京一、お前には前に言ったはずだぜ、一つの心理だけで考えてそれを人に押し付けることはやめろってな」

須藤「!?、何故に聖域の悪魔がここにいるんだ」

西「いたら悪いか?このハチロクを直してからお前にぶつける、それまで待っていな、今のお前の目的の群馬エリア総なめと涼介へのリベンジがあるみたいらしいが、群馬総なめは果たせれなかったみたいだな」

須藤「黙って聞いてれば単なる煽りか?今ここであのときの借りを返してもいいんだぞ!!」

西「さすがに今リベンジをかましても無駄だと思うぜ、多くのギャラリーにお前の醜態を見せてしまうからな、、、赤城戦が終わったらいろは坂で本当の決着を付けてやるさ、、、それまでお預けだ、、、姫ちゃん、キャリアカー呼んどいたから、来たら乗せて直しにいくぞ」

 

 

数分後

西「、、、このエンジンは直せそうに無いな」

姫「え?どうするの?」

西「よく見てみ、コンロッドが折れてピストンがシリンダーブロックに大穴空けている、、さらにはインマニも完全に裂けている、、、このエンジンは死んだんだ、、、載せ変えるしかない」

優「そこまでひどい状態になっているの?」

姫「ごめんな、、ハチロク、私のせいで壊して、、、」

西「姫ちゃんのせいじゃないさ、早めにOHするのを忘れていただけで、京さんのタイミングとハチロクのエンジンのタイミングがずれていただけさ、、」

優「新しいエンジンはちゃんとあるの?」

西「生憎、まだ入手できていない、、入手できたら京さんに伝えるよ」

 

 

 

次回「新たなエンジンを求めて」

 

 

 

 

はいどうもクリナです。

もうさ、結果分かっていた俺からすると、結構来るものありますよ

ということでエンペラーの岩城 清次戦はこれで終わり、新たなエンジンを求めて姫優サイドから安時サイドに変わります。

 

どこかしらのタイミングで安時の過去編もやろうと思いますので、ごうご期待を、、

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第七話 破滅へのカウントダウン

秋名山 頂上

池「おい、あれは、、安藤さんのハチロクじゃないか?」

健「ホントだ、しかも後ろにはあのランエボがいるということは、、」

池「間違いねぇ、安藤さんがバトルするみたいだ、、」

ギャラリー1「なんだ?あのハチロク?あんなん秋名にいたか?」

ギャラリー2「いや、見たことねぇが、あのエンペラーとやるのか?」

ギャラリー3「まてよ、あの色のハチロクであのブローオフの音は、、、間違いねぇ、、帰ってきたのか、、、この秋名の伝説の一人、『ハイメタのハチロク』じゃねーか!」

 

清「そちらのタイミングでスタートだ」

姫(コクリ)

そしてハチロクから鳴り始めたスキール音がバトルの始まりを意味をする

 

清「ふん、今度こそ負けねぇ、、ランエボ使いのプライドに掛けて絶対勝つ」

 

池「始まってしまったか、、」

玉「あのハチロク、、加速からしてクロスミッションを入れているのか、、この秋名を知り尽くしているドライバーなのだろうな、、エンジンサウンドからはターボによるターボチューン、それに見合ったライトチューンの組み合わせでざっと200psのようだな」

 

姫「さっきまでのバトルでランエボのフロントタイヤはもう限界、だけどストレートではあたりまえにランエボに追いつかれてしまう、相手は恐らく300は超えているはず、なら、コーナーで引き離すような走りをすればいいだけ、新しく駆動系を変えたから繋がりはとても良い、、いつでも来い、、私はいつでもいけれるよ」

清「さっきのハチロクとは違い、ストレートでも少しは楽しめそうだな、、さっきのバトルでタイヤを消費した中のバトルだ、俺にハンデがあるのは仕方ないが、どんなにタイヤがへこたれようが、最後に勝てば文句ねーんだろ、、さっきのハチロクのときの逆をすればいいんだ、、そう思えば気が楽にはなったぜ、、女だからといって手は抜かねーぞ」

 

ギャラリー4「あのハチロクからブローオフが聞こえるから、ターボチューンか」

ギャラリー5「ハチロクにターボって、最悪ドッカンタイプになるはずだろ?なのにあのハチロクからはそんな感じじゃなかったな、、すんなりと入るようなスーパーチャージャーのようなトルクみたいだった」

ギャラリー6「あのハチロクドライバー、とんでもなく速そうだったけど、車もかなり高いポテンシャルを持っているぞ、もし秋名のハチロクとやることがあればかなり高いバトルになる気がする」

 

姫「一定した間隔で張り付いている、恐らく秋名のハチロクと同じやり方をしてくるはず、、でも、私はあそこで仕掛けると決めている、、ついてこれるかしら?私の得意なコーナーに?」

清「チッ、アンダーに膨れ上がるのがかなり痛いが、千切られない位置にいる、、お前がミスをするまで後ろから突っついてやるぜ」

 

この時、姫は気付かなかった、、エンジンから聞こえる悲鳴ともいえる悲しいサウンドが、、、そしてレスポンがとてつもなく上がってしまっている中でカウントされている破滅へのカウントダウン、、、【破滅】、、、つまりはハチロクの最期が近づこうとしている、、

 

姫「!?、これまででかなり馬力が出ている!?、、何か知らないけどラッキー、これならあそこで一番最高のコーナリングができる、、勝負はこの先のストレートの後のコーナーだ!!」

 

 

 

 

 

 

 

はいどうも、クリナです。

今回と次回で岩城清次戦をやるわけですが、この現象は察しの良い車好きなら最後の結末は分かりますよね、、、

次回、「さよなら、私の4A-Gターボ」

 

f:id:Unknown64:20170201214213p:plain

 

藤山 優華 26歳

安藤 姫とは高校のときからの付き合いだったが、姫が横浜の大学へ進学するさいに離れてしまっていたが、電話やメールなどで話すことはあったらしい、、優華自身は、バイトをしていたチューニングショップに就職し、整備士免許を取得、チューニングショップの整備士として働いている。

 

愛車はシルバーのFD3S

アンフィニタイプであるが、TypeRとは違い、マツダスピードから販売されたA-specのFD3Sを愛車としている。

エアロからはA-specとは思えないが、、マツダスピードが手を入れたFD3Sな分、とてつもない速さを実現しているといえる(エアロはRE雨宮のフルキット)

f:id:Unknown64:20151004155232j:plain

優華のFD

FD3S カラー:シルバーストーンメタリック

 

SPEC

 

350ps 13B-REW

 

1200kg

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半

 

後半ではサマーブレイクのSTTから最終戦にまでを書いていきます

 

 

サマーブレイク中のTA、魔境のSTT

 

WGTCのLMが終わり、ゆっくりと休暇を取れるはずのサマーブレイクなのですが、リッジレーサーVの単発TAの開催や、魔境と呼ばれたSTTが開催されました。

そのSTTのRd.1、NYのリバースコースで開催され、その時の私はまさかのテスト期間のために全然走行ができずに18位というかなり下に落ちてしまいました。走行が上手くできたら当時11位にいけたのかなぁと思いました。

そんな中、夏休みが始まり、STTのRd.2が始まります。コースはグランバレー東、私は夏休みに入ったために走行数が多くなり、タイムが出しやすくはなっていました。ですが、結果は10位と入賞ぎりぎりになってしまいました。240RSからスプーンS2000に変更したおかげでぎりぎりでした。

(OverAllが13位.......)

 

 

RRR初参戦

 

遂に私はTA界隈でかなり歴史が長く、2016年が最終シーズンのRRRに参加しました。

RRRは4つのチームの中から一つのチームに属し、そのマシンで参加するというTAでした。このTAはWGTC、STTとは異なり、R4を使用し、さらにはタイムハンデもあるTAでした。

Rd.5、コースはブライテストナイトでした。このコースで私はPRCで参加し、PRCの有利なコースでした。

 

結果は10位でしたが、初参戦ながら入賞を決める結果となりました

 

私がPRCで参加を決めた理由として、R4の愛車、ナイトメアの会社がリザードであり、そのリザードの契約チームがPRCだったわけです。

それだけではなく、この2016年は、R4をやったことがある人は分かると思いますが、ジュリアーノ・ジルベルトの死後から30年ということもあり、矢崎のチームであるPRCで参加しようとしていたからなんです。

 

 

 

スランプの1ヶ月と覚醒したWGTCRd.5

RRR Rd.5が終わり、次にあったのはSTTのRd.3のオータムリンクがありました。

このコースでは私は240RSで参加しましたが、力及ばずに13位に落ちてしまいました。

更にはWGTCRd.4のSSR5でも全クラス13位とかなり深刻な結果に終わりましたがOverAllの結果は一つあがりました。

さらに悲惨なことが発生し、29日の朝に交通事故で一週間の入院に入りました。

そんな中、RRRのRd.6も始まり、走行できたのがまさかの二日だけという絶望を感じました。結果も後ろから二つ目という

 

そんなスランプの中、Rd.5が始まりました。コースはソウル、私は必死に走りました。そんな中、ティエヌ氏がエスクードがとてつもないタイムを出し、上位5名全員がエスクードというかなり奇妙な光景でした。

更には私はGT1クラス、GT2クラスでもいいタイムが出せ、私は完全復活と覚醒をしました。

結果はLM 5位、GT1 5位、GT2クラス 5位という快挙を出しました。

OverAll  7位

STTの最終戦、CS5でも覚醒した走りを見せ、3位という初表彰も見せました。

 

 

 

富士の死闘と初優勝のRRR Rd.7

WGTCRd.6 富士スピードウェイで開催され、かなりの死闘になりました。

かなりつらい戦いでした。その理由がコースにありました。私としては富士はコース特徴としては好きなのですが、いかんせん走りづらく、苦手なコースでした。

そんな中の結果は、LM 7位、GT1クラス、GT2クラス共に6位という結果でした。

OverAll 6位

 

そしてRRRRd.7、コースはエッジオブジアース、ここもPRC有利なコースであったためにタイムハンデが効いたのか、私はTFIA管轄のTAで初優勝を決めました。

私にとってはとてつもなくうれしかったです。

 

 

 

最終戦とありがとうRRR....

遂にこのTA界隈に参加しての最終戦、、、WGTCとRRRの最終戦が12月にありました。

WGTCの方はわちき氏とのマッチバトルになり、GT1クラスは歴史に残るバトルとなりました。

抜いて抜かれての繰り返し、どちらがOverAll6位になるか分からない状態でした。

そんな接戦の結果、LMクラス 5位、GT1クラス 4位、GT2クラス 7位という結果に終わりました。

一方、わちき氏の結果は、LMクラス 3位、GT1クラス 5位、GT2クラス 9位という結果でした。

OverAllは私が6位、わちき氏が7位という結果になりました。ポイント差はまさかの1ポイント差という大接戦になりました。

クラス結果はLM 9位、GT1 6位、GT2 7位という結果になりました。

私にとって歓喜の結果に終わりました。全クラス10位以内、OverAll6位という結果は初参戦ながらいい結果であったと思います。2017年シリーズは新たな目標として、全クラス5位以上、一回でも優勝をすることの決意を決めました。

 

RRRの最終戦、オーバルのシューティングフープス

MMMとPRCの接戦バトルになったなかの最終戦、、どのチームもタイムを削って削っての戦いでした。私もリアルが忙しい中タイムを出し、結果は3位、PRCの優勝でRRRは終わりました。

 

 

こう振り返ると、私は結構頑張っていたんだなと思いましたね。ですが、これは始まりに過ぎないのです。この2017年シリーズのWGTC、RRRと次に開催されるF1を使ったTAのSFWC、私が主催するラリーのTA、IRC、夏に行われる新生STTとGT4を使ったTAが主流になります。

新たなスタートを切り、良い結果で終われるようにしたいと思います。

 

文・クリナ・リヴェルタ

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

私が主催するIRC(International Rally Championship)のオフィシャルブログをはてなブログで開設しました。IRC関係のまとめはそちらのブログで書きますので、気が向いたら覗いてみてください

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 前半

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 前半

 

私、クリナ@Rことクリナ・リヴェルタの今年1年間は、GT4を使ってのWGTC、リッジレーサー4(R4)を使ったRRRというTAに参加し、2つのTAでいい戦績を出し、WGTCではOverAll6位、RRRは途中参戦からなのでドライバーズポイントは眼中になく、PRCを優勝に導くしかできませんでした。

 

これから書くことはこの1年間身を投じたTA界隈で必死に戦った私、クリナのお話です

 

 

TA界隈を知ったきっかけ

 

まず、私がTA界隈の存在を知ったのは、2015年のある日のバイト中にルナヴィス氏のツイートがきっかけでした。

見たのは、RRRの走行タイムの画像でした、それ以外にWGTC2015の走行タイムの画像と動画を見て、面白そうだなっと思っていました。ですが、R4はその時当時はPS3にデータがなく、GT4も全然手を付けていませんでした。更には8月には当時使っていたPS3が壊れ、買い直しをしなければなりませんでした。そのために2015年の参戦を諦め、来年、、つまり2016年に参加を決意しました。

 

 

 

TA界隈に本格的に身を投じ始めた時

 

 

本格的に参加し始めたのは4月からで、RRRは3月からの開催というRRRは出遅れになり、参加を断念していました。ですが、3月か4月上旬に行われていたWGTC_Rd.0のハッシュタグを見て、本格的に参加することを決意し、Rd.1が始まるまでに使用したいマシンを入手するために躍起になっていました。(1月にPS3を買い直しました、60GB)

 

そしてRd.1、ミッドフィールドレースウェイ、、、LMクラスは入手出来ていなかったので参加せず、GT1クラス、GT2クラスに参加していました

GT1クラスは当時、カストロール無限NSX GT2クラスは、ARTAガライヤを使用して参加していました。

結果は...

 

 

GT1クラス 6位、GT2クラス 9位

という結果でした

 

初参加ではまずまずの結果でした。この結果から本格的に身を投じるわけです。

 

 

 

本気でタイムを出し始める時と不正

 

 

Rd.1が終わり、Rd.2が開催されました。Rd.2のコースはハイスピードリンク

このコースでもカストロールNSXガライヤで参加していましたが、結果が少し最悪でした。

 

 

GT1クラス 9位、GT2クラス 8位 2戦でのOverAllの結果 11位

という結果でした

GT1クラスの結果がどうも納得していないんですよねw

 

 

そしてLMクラス参加に787Bで参加し始めました

そこからRd.3ことLM、コースはサルトサーキットⅡです

 

ここで私はやらかしました。

やらかしたことは、ショートカットを使ったタイムの不正です。

GT2クラスで不正を起こしました 不正でのペナルティ無しで2位の風神少女氏とのタイム差が

私 3'35.299

風神少女氏 3'36.682

1,383というタイム差が開き、自分から不正公表し、タイムペナルティが付いての結果から

LMクラス 8位、GT1クラス 7位、GT2クラス 5位、3戦までのOverAll 8位 

という結果になりました。

この不正タイムから変わっていきました

 

後半へ続く

 

 

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第六話 秋名のハチロクの抜き方 傍観者視点

五連ヘヤピン

麗「来たな、、、やはりエボが前か、、、」

f:id:Unknown64:20161129191255p:plain

 麗「ハチロクが出遅れているか、、、ま、毎回こんな感じだから気にはしないな、、、恐らくハチロクの勝ちだな」

f:id:Unknown64:20161129191556p:plain

優「ねえ姫ちゃん?もしあのハチロクが勝つならどう行くつもりなのかな?」

姫「どうっていわれてもねぇ、ただこれだけは言えるよ、、、ランエボが前にいるなら100%ハチロクの勝ちだね、、、そう言える理由があるの」

優「何それ?コーナーでも強く、姫ちゃんも勝てても10%なのに何でそう言い切れるの?」

姫「冷静に考えて普通に走ったり、サーキットでも走ってるのならランエボが速いのは当たり前なだけだよ、ここは峠、ストリートだよ?つまりはアンフェアなバトルになるんだよ、いきなりの下克上もあるのがストリート、、といっても私も半信半疑なのよねw」

優「いや、それだけの説明だけでハチロクの勝機も見えてきたよ、おそらく私たちの前ぐらいで起こるよね」

姫「そうね、ここの橋前のコーナーで勝負をかけるはず」

 

西「来たな」

f:id:Unknown64:20161129193458p:plain

岩「嘘やろ!!、ハチロクが後ろをぴったり追いつくなんて、そんなことありえるのかよ!?」

西「忘れたのか?ここは峠、首都高のようなスピードばっかではなく、ドラテクが高く、マシンのポテンシャルを如何に上手く出せるかが必要な場所だぜ?」

 (ただ、あのハチロクのエンジン、、、まずいな)

 

優「来た!!」

f:id:Unknown64:20161129194639p:plain優「ハチロクがきっちり後ろにいるよ!」

姫「決まったかな、恐らく溝落とししてちぎるね」

f:id:Unknown64:20161129194947p:plain

f:id:Unknown64:20161129195110p:plain

f:id:Unknown64:20161129195138p:plain優「ハチロクが抜いた!」

 

西「いい体験だっただろ?基矢?」

岩「あぁ、こんなことがあるもんなんだな、、今度俺も峠を攻めてみるかな、、安時、ロゼさんが乗っていた型のインプを頼むぜ」

西「ふ、了解だ」

 

姫「そろそろ帰ろうよ優ちゃん」

優「そうだね、面白いのが見れたし満足かな」

 

清「チッ、、、、、、ん?あれはハチロクか、、京一、すまんがあのハチロクとやらしてくれ」

f:id:Unknown64:20150426235008j:plain

京「いいだろう、今度は失敗するなよ、今回もシミレーション③でいけ、ここで負けたらただじゃすまされないからな」

清「おう!」

 

姫「あれ?あのランエボは、、何でこっちに来てるの?」

清「おい、お前がこのハチロクのドライバーか?」

姫「ええ、そうですが(まずいなぁ、、からまれたよ、、、このままだとバトルだよなぁ)」

清「俺とバトルしろ、このままだとエンペラーとしての面子が立たないからな」

姫「(やはりな、正直勝てるか微妙なんだよな、少し弄ってのこの状態の慣らしをしてないからなぁ)、、、優ちゃん、待っていて、これから私、限界を超えてくるよ」

そのとき、姫の背中から鳥のような羽が生えたように見えた。姫が戻ってきた時より美しく

優「!?、あの時より綺麗な羽がみえる、、、」

 

 

 

はい、お久しぶりの更新です。

今回はギャラリー視点でしたが次はバトルです。

正直この場面でないt(ry ネタバレになるために省略

というわけで次は岩城 清次とのバトルになります

 

 

キャラ紹介

f:id:Unknown64:20161129220508p:plain

安藤 姫 26歳

このストーリーの主人公、天然な性格なのは8年前から変わっていない

8年間、大学生活の4年と仕事の4年を横浜で生活していた、もちろん、その間も箱根の峠を攻めていたという

愛車は8年前に解体屋においてあったハチロクをつけで購入したもの(第1部第1話参照)

8年前の文太とのバトルから大きく成長している最中らしく、彼女のオーラも大きくなっている状態である。 一緒に走った人からは口そろえて「羽が見えたという」

称号は「ハイメタのハチロク

f:id:Unknown64:20150426235008j:plain

姫の愛車のハチロク

AE86 カラー:ハイメタルツートン

SPEC

200ps 4A-GEU TURBO

870kg

f:id:Unknown64:20161129222422p:plain

姫の羽根有り

 

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第5話 エンペラー襲来
優「なあ姫ちゃん、最近変な噂が流れてるの知らない?」
姫「え?私知らないよ、どんな噂なの?」
優「なんでも、栃木のいろは坂のランエボチームとか」
姫「ふーん(ランエボか、、4WDとはあまりやりたくないなぁ)」
店長「そのチームなら、この前妙義に現れたらしいで、その時にナイトキッズの32Rがクラッシュしたらしいけど」
優「うわ、悲惨」
その時、外から4G63のサウンドが聞こえてきた
西「あのハチロクとFD、、あの時のか」
優「!?、エボⅦ!?」
西「京さん、ハチロクとFDのパーツ入荷しといたでー!」
店長「おお安時か、了解、サインな」
西「最近、エンペラーというチームが群馬中を荒らしてるだろ」
店長「らしいな、いつ秋名に来るかわからんしな」
西「麗音から聞いた情報だと、今日来るらしいぜ、一応秋名のハチロクがどんなもんなのか見てみたいし、基矢へのいい刺激になるだろ」
店長「まったく、お前らしいな」
姫「店長、何のパーツの追加ですか?」
店長「ああ、ハチロクのクラッチとフライホイールとFDのエアクリだ」
西「エンペラーとやり合う可能性を考えたら少しでも戦闘力を上げないとやばいかもしれないだろ、それに、、あのハチロクのエンジン、限界が近いみたいだしな」
店長「まあそういうのはその時次第にしよう」
西「そうだな、、あ、そうだ、姫ちゃんと優華ちゃん、今日のバトル、、見に行かないか?」

その日の夜
f:id:Unknown64:20160411211110p:image
優「あれが、、エンペラー」
姫(やっぱりランエボとはやりたくないな)
優「姫ちゃんならどう戦う?」
姫「ランエボはコーナーも強いから行けても90%負ける、残りの10%は賭けになるかな、でも出るならこの最後のS字前に行くね」
優「そうか、厄介だもんなぁ、あの加速は、、、」

麗「ここがいいと思うのになんで下の方なんだよ、、まあ、あのハチロクと玉城がダメなら私が出るわ」

西「ここだろ、見ろよ、赤城レッドサンズの奴らも同じ考えだな」
岩「俺にはわかんねぇな、ハチロクランエボに勝てるとは思えないが」

頂上
玉「あのハチロクなら勝てそうだな、俺のギャランをぶっちぎったあいつなら」


次回 秋名のハチロクの抜き方 傍観者視点


お久しぶりですね、まあ色々とあって書けなかったのは事実ですが、さてイニDを知ってる人は知っているエボⅣと拓海のバトルの前までをかいてみました。次回はあの抜き方を見る傍観者としての視点で書かせてもらいます。