クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優ハチ番外 安時の過去編 Act.2

悪魔の羽が生える時

Act.2 怒りの彷徨、消えた天使

大事故から一週間後

安「...セットアップはこれでよいかな、アンダー寄りだけどクラッシュさせに来ても対処できるだろう」

朝「安時、どうなんだよRは?」

安「ああ、対デビルRへの対応のためにアンダー寄りにしてみたんだ」

朝「アンダー寄りって、お前のRのコンセプト潰すんか?」

安「ああ、アンダーを消すセッティングだと逆にクラッシュするだろうしな」

朝「そう、折角慶太さんが用意してくれた32Rを潰さないようにね」

安「ああ」

 

翌日 夜

椿ライン

章「呼び出したのはアンタか?」

安「ああ、下り一本でだ」

章「ならお前が先行で逃げ切れればお前の勝ち、無理なら俺の勝ちでどうだ」

安「構わないよ、連二のためにも勝たしてもらうよ『街道キングダム』として」

章「お前がそうだったのか」

S字の第一を抜けて二台の32Rがアクセルを一気に踏み込む

章「パワーはそこまで出ていないようだな、おそらく450ps、天使と同じかそれよりパワーがあるか...4WDなら早めにタイヤを削らして後半でやればいいだろう」

 

椿ラインを1台一般車が登ってきていた

「うわ、すごい速い車が下っていってたぞ」

「前にいたのは安時の32Rか、水色だから分かりやすかったしな」

「後ろの32Rは一体誰だ?」

「赤、しかも紅色、もしかしたらあいつかもしれない」

「もしかして悪魔か?」

 

安「タイヤの熱ダレが狙いか?悪いがそれは無理だぜ」

章「すごいな、他の4WDの連中に比べて上手いな、ならもうやるしかないか」

 

登りと下りとの分かれ道

章「散れ」

章の32Rが安時の32Rの横に並び分かれ道に入った。もちろん横サイドを擦り付けながら入り、コーナーとは逆の32Rは向いていた

安「くそ」

安時は咄嗟にブレーキを踏み、抜けてからまた前に出て章のRは縁石に乗りつつ立ち上がりまた後ろに張り付く

 

ヘヤピンコーナー

章「またここか、散れ」

章の32Rがブレーキを一切踏まずに安時の32Rのリアをぶつけた

安「くそ、ハンドルがきかねえ」

速度にしては120km/hから減速して70km/hまで減速中に押され、110km/hで頭からガードレールに突っ込んだ

 

安「...くそ、いつかは借りは返す、街道キングダムはこれで死んだ...Rを直せるだけ直すしかないよな」

 

Rを直してもまっすぐ走らなかった。俺はRを手放し、数ヵ月後に出た白のエボⅢを購入した...だが、一つの出来事がきっかけである奴と衝突するとは思わなかった

To Be Continued..

次回「いろは坂最速の3人集、天使と死神、そして悪魔」

優ハチ番外 安時の過去編 Act.1

悪魔の羽根が生える時
Act.1 散っていった蒼き天使
第1部から10日後 椿ライン
安「んで、どうなん?FDの調子?」
蓮「悪くないよ、立ち上がりもコーナーも前のFCより速いし」
安「そう、、気をつけろよ蓮二、あの悪魔とバトルした者は全員病院送りにされているんだからな」
蓮「分かってる、、これは俺も避けては通れないバトルだからな」

神奈川県某所
安「師匠、Rの調子はどうなんですか?」
師「ああ、完全にミッションブローだ、、ミッションを載せ替えるか全てのギアを変えないといけない」
安「そうですか、、」
その時にロータリーサウンドがこちらに近づいてきた
蓮「どうも慶太さん、オイル交換でリフト借りますよ」
師「蓮二か、端のリフトを使え」
蓮「ありがとうございます、、それよりもあの悪魔とバトルする日が決まりました。明後日です」
安「明後日か、FDに乗り換えたばっかなのに無茶すんなよ?」
蓮「分かってるよ安時、、今日明日でリセッティングに付き合って下さい」
師「ああ、天使と悪魔の対決、、面白い結果になりそうだな」
この時俺はもしかしたら蓮二があの32Rに勝てるんじゃないかと期待していた、、だがまさかあんな結末になるとは思いもしなかったのだ

翌々日 夜 椿ライン
蓮「来た」
そこに現れたのは紅く派手なBNR32だった
?「連絡した通り下り1本で並んでスタートだ」
蓮「分かった、、俺は有明 蓮二、、聖域の天使だ」
章「俺は森口 章、、聖域の悪魔だ」
ギャラリー1「天使と悪魔の対決、、しかもRvsRE、、面白いバトルになるぞ」
ギャラリー2「聖域の天使は今や椿ライン最速と言われているけど、全ての峠で最速の男だからな、、悪魔は辛いんじゃないのか?」
ギャラリー3「いやいや、悪魔とバトルした者は全員病院送りと言われているからな、、天使でも難しいバトルだと思う」

安「気をつけろよ蓮二、、登る姿を見てその気迫を感じた、、あのRは危険すぎるぞ」

カウントダウンから同時に急加速でバトルがスタートした
FDが前、Rが後ろで始まった
蓮「本来Rなら先行になるはずが途中でアクセルを抜いたか、、どう来るか」
章「いつやるか、、そこがキモなんだ、、俺は最速となる、、それ以外はない、、」
第一ヘヤピン
ギャラリー4「来たぞ!FDが前だ!行け!蓮二さん!!」
章「早いがどう動くか試させてもらうぞ」
コーナーに差し掛かった瞬間、、そこに今いる全員が戦慄した
蓮「馬鹿か!!」
32Rがアウト側から仕掛けるのはまだ分かるが、皆が戦慄したのはその後の出来事である
ギャラリー5「32Rが急に消えた、、というか、ヘッドライトを消した!?」
蓮「音で何とか分かる、こいつ、、内側に同じ速度で突っ込んできやがった」
コーナーをクリアし、32Rのヘッドライトが着いた
章「そうでなくては面白味がない、、次はあてるぞ」

第三ヘヤピン
ギャラリー6「来たぞ、どうなる!」
章「悪く思うなよ」
FDが理想のコーナリングをしているが、32Rはオーバースピードで突っ込んできた
ギャラリー7「嘘だろ!?あからさまにオーバースピードだ、、FDとぶつかるぞ」
蓮「何をするつもりだ!?」
章「散れ」
GT-RにはアテーサETSという装置がある。滑った際に滑らなかった側の駆動輪に駆動力を伝達させ、スピンをさせない装置を利用し、32RがFDの内側でサイドプレスをかましてきた
蓮「くっ、、病院送りの理由はこれか!?」
咄嗟の判断でブレーキを踏み、リアを滑らせ、サイドプレスの衝撃を緩和させ、32Rが膨れ上がりFDがまた前にでる
章「流石だ、こうでなくてはな」
ギャラリー7「うわ、流石は蓮二さんだ、俺だったら壁に刺さってるわ」

ラストのヘヤピンコーナー
安「スキール音、、来た!」
ギャラリー8「蓮二さんが前だ!」
その4秒後、、そのコーナーでギャラリーしていた者達は一瞬で凍りついた
勿論安時も例外ではない
章「散れ」
アウトから32Rが仕掛け、コーナー中に急停止した。ドリフト中のFDはその32Rに猛スピードで横から突っ込んだためにFDは空を舞った
FDは横転し、32Rはゴールへ走り出した
安「れ、蓮二!!」
FDからはオイルとガソリンが漏れ始めた
そして、、
ドーーン
FDが大炎上してしまった
安「蓮二!!!」
ギャラリー9「おいおいマジかよ、誰か消防車を呼べー!!」

頂上
おいおいしたからの連絡で、蓮二さんのFDが大クラッシュで炎上したらしいぞ
蓮二さんが?クラッシュはしないはずなのにか?
どうやら32Rがクラッシュさせたらしい
師「蓮二、、無茶はするなと言ったはずだが、、安時はどうすんだろうか」
その後椿ラインにギャラリーしていた者達は皆一目散と帰宅した
残った安時と安時の師である慶太はFDの後処理とパトカーを呼び、黒焦げとなったFDの撤去の手伝いを行った

to be continued..

次回「怒りの彷徨、消えた天使」

【報告】マリオカートシリーズ引退について

https://twitter.com/nightmare_ct/status/952141760330809344

この度、個人的な理由なのですが、マリオカートシリーズでのオンラインバトルを引退致します。

ツイートの通りなのですが、半年後までに結果が出なければ引退をします。

突然にはなりますが、これまで一緒に走ってくれた方々、本当にありがとうございました。

これまでのマリカー人生を何処かしらのタイミングで書いていこうと思いますので、よろしくお願いします。

2017シーズンを振り返って 11月~12月編

年末ですね~、ということで11月~12月の振り返りをしていこうと思います。

 

SFWC最終戦...そして

11月上旬にSFWCの最終戦が行われた。

 

コースは鈴鹿。相方が得意としているコースだった。

 

私達VMMは最終アップデートをパワーに振ったためにコーナーがきつかったところがあったかなと思った。

 

でも十分速いタイムが出せれたから失敗では無いだろう。

 

結果は2位で相方は3位。

 

VMMは前戦でタイトル会得していたためにチームは1位で終わったが、NK氏が1位になり、有効ポイント制によりドライバーズは3位で終った。

 

私はやりきった...相方のK.LINEにも感謝しかなかった。

 

SFWCは来季も開催されるので、来季も参加する。

 

遂にスーパーSSを開催

IRCのエキシビジョン第3戦はスーパーSSとして香港Rで開催。

 

やっとスーパーSSを開催することができるということが私にとっては嬉しかった。

 

結果としてはハンデも考えてで3位

 

GT系で達成率100%を達成をしたチノさんが参加し、ますます楽しくなっていった。

 

今年のTAの〆は自分のTAだ!

12月、最後に残ったTAは自分の主催するTAのIRCである。

 

コースはシャモニーR。

 

かなりハンデが重い中わずか10分であまりにも速いタイムを出してぶっちぎり勝ったのだ。

 

結果としてタイトル会得したので主催とはいえ、一人の参加者として嬉しかったのだ。

 

これまでが私のこの一年の結果ですね~

前半は来年は前線を降りようとか思ってもいましたが、後半からは楽しく走れたので、来季も続けてやっていこうと思いました。

来季はSFWCでは新たにDepressionこと鬱波として参加し、SFLはVSTTの監督、後半からですが、IRCの主催を頑張っていこうと思います。

この一年をまとめると「急成長と楽しみ、新たな試み」ですかねぇ~

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第23話 県外遠征に向けて
秋名のハチロクとのバトルから1ヶ月後
姫「寒い、そろそろスタッドレスに替えなくちゃ」
涼「待たせて済まない、少し君と話がしたかった」
姫「高橋 涼介さん、箱根でもかなり名が知られてましたよ」
涼「だろうな、君の走りを見ていたけど、藤原にそっくりな走り方をする。どうやってここまでのドラテクをつけてきたんだ?」
姫「このハチロクを納車してから毎日秋名を走り込んでました。雨が降っても雪が降っても毎日毎日夜に走り込みしてました」
涼「なるほどな、藤原とそっくりなのはそのためか、、俺は春から新たなプロジェクトとして少数精鋭の県外遠征チームを作成し、関東地方の峠に遠征するつもりだ、俺の弟の啓介と秋名のハチロクの藤原の二人がメインで走る、、安藤さん、、同じように県外へ足を運んでみたらどうだ?」
姫「、、、愛華も言ってた、県外へ出て違う峠や色んな走り屋の人と交流したらどうって」
涼「ならタイミングは良いと思うぜ、これから冬になる、、この冬を越え、春に遠征をすれば良いだろう」
姫「、、、」
涼「もし遠征先で当たる時はお互いが全力を出せるようにしよう」
そう言って涼介のFCは走っていった
姫「遠征、、箱根の今の状況も気になるしちょうど良いかな、、待っててね愛華、遠征で速くなって会いに行くから」

雪が降り積もる12月
姫「積もったなぁ、、優ちゃんは今日も秋名行く?」
優「わりぃ、アライメントの取り直しするから今日はパスするよ」
姫「分かったわ」

秋名
姫「雪の時期は滑りやすいからアクセルワークが難しいのよねぇ、、」
玉「姫さん、今日も走り込み?」
姫「玉城さん、はい、毎日走り込んでドラテクを上げないといけませんから」
玉「県外遠征だろ?凄いよね速い人って」
姫「いえ、私はただ妹の一言が気にかけてるのでその為に遠征するだけです」
玉「きっかけはそれか、、何か手伝えることがあれば手伝うぜ」
姫「ありがとうございます、なら横に乗って今の私の走りを見てください」

安「この季節を越え、さらに速くなった走りを見せてくれ、、姫ちゃんは、、アイツと似ているから」
第二部 完

どもCrinaです。長かったですが、第二部はこれで完結です。
第3部は県外遠征になります。

ですが、優ハチは一時的に休止させてもらいます。理由としては、チョロQ2のRTA裏話で話したのですが、チョロQ創作を載せる予定ですので、一時的に優ハチは休止します。
おそらくチョロQ創作の1部が完結したらまた再開するとは思いますのでしばらくはチョロQ創作の方をお楽しみ下さい
チョロQ創作は4月から載せ始めます。
それまでは番外編として西嶋安時の過去編を載せていこうと思います

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第22話 優雅に舞うハチロク
22:00 秋名山
拓「来た」
姫「、、、」
拓「俺さ、あの日の配達の帰りでアンタのハチロクを見た時にこの人やべえ、負けると思った、、けどバーストでアンタのハチロクが失速した時にモヤモヤとした感じが芽生えたんだ」
姫「あの日は長く走り込みしてたから仕方なかったけど、私もちゃんとしたバトルをしたら何か変わるんじゃないかと思った、、今日はあの日の決着を付けたかった」
拓「俺は今日、、アンタに勝つためこの秋名にやってきた、、俺は藤原拓海」
姫「私は安藤姫、、お互い納得がいくバトルにしましょう」
ハチロクvsハチロクというカード、更にはお互いが秋名を知り尽くした走り屋同士、、このバトルは相当なハイレベルなバトルになるが、このバトルは誰も見ることが無かった
つまりはバトルの結果は走った者同士しか分からないのである
五連ヘヤピン前
姫のハチロクが前で拓海のハチロクが後ろにいる状態である。
姫「このコーナーは私の得意コーナー、、私と同じスピードで越えれるかしら?」
姫が秋名で最も得意としているのは秋名の途中にある長いストレートからの左コーナーである。このコーナーはストレートでスピードが出ている状態からフルブレーキして侵入し、クリアしていくものである。
だが姫はそのコーナーを早めにマシンを振り、慣性ドリフトの状態から細かなフットワークとハンドル操作で切り抜ける
いつもそのコーナーで姫は120km/hを超えて立ち上がる。
拓「なんだよそれは!」
拓海は急に目の前で起きた姫のコーナーへの侵入に戸惑ってしまったが、食らいついて立ち上がる。その時に姫のハチロクと拓海のハチロクとの差は開いてしまった
拓「恐ろしいほど速い、、やるしかない、、立ち上がり重視の溝落とし」
五連ヘヤピン
姫「溝落としをして差を引き伸ばすしかないが、拓海君も同じように仕掛けれる、、後はタイヤへの負担を抑える」
拓「ここだ、、行っけーー!!」
秋名の溝落としは二つのやり方があると言われている。
コーナーでアンダーを出さずに抜けていく突っ込み重視の溝落としと立ち上がりでスピードを稼ぐ立ち上がり重視の溝落としがある。
この二つの溝落としの違いとして、溝に落とすタイミングとスピード、角度が違うのである。姫が行ったのは前者の突っ込み重視の溝落としである。そして拓海は立ち上がり重視の溝落としを行ったのだ
姫「嘘でしょ、、五連ヘヤピンを抜けて後ろに張り付かれた!!でも、残りは最後のS字しかない、、全力で逃げ切る!」

S字コーナー
拓「ここで抜けなければ負ける!」
姫「タイヤに余力はまだある、、最後まで行かせない!」
拓海のハチロクが先に仕掛け、角度を浅く取り立ち上がりに勝負をかけた
それに合わせるように姫のハチロクも浅くドリフトアングルをつけて抜けていく
完璧なツインドリフトでコーナーをクリアして行った
立ち上がりは拓海のハチロクが速かったが、姫のハチロクのエンジンから引っ張り出される190psが少ないストレートで引っ張り、姫の勝ちが決まったのである。
拓「ふう、やっぱこの人すげぇや」
姫「拓海君こそ相当速かったですよ」
拓「負けたのになんかスッキリとした気分だよ」
姫「私もそう思いますよ、、親父さんによろしく伝えといてください」
拓「ああ、また会えればまた」
姫「ええ」

次回 最終話 「県外遠征に向けて」

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第21話 いろは坂で舞う
ハチロクが走り出し、バトルが始まった
右左とクネクネと連なるいろは坂を姫は須藤のエボⅢの前で走っている
須「凄まじいな、ハチロクとは思えない走り方をする、、4WDを乗った方が良いとも思える走りだ」
姫「愛華ランエボのお陰で4WDの大体の走り方が分かってる、、それを抑えてそれと同じ走りをすればいい、、お願いハチロク、、私に応えて!」
エンペラーメンバー「あのハチロク、恐ろしく速い、、だけど最後のストレートで勝ってくれるだろう」
姫「しっかし、あのランエボのパンパンというやかましい音はなんだよ!」
変にプレッシャーになるのは仕方ないだろう、須藤のエボⅢといえばミスファイアリングシステムが搭載されていることは知ってのことだろう。ミスファイアリングシステムの利点はターボラグを低減させ、加速を良くしているシステムだ、その為にNAのようなフィーリングを得ることが出来る。NAのようなフィーリングをもつターボマシン、、今回のバトルは姫にとってはかなりのプレッシャーを浴びていることになる。

安「、、、」
優「安時さん、あのバトルからここまで全て貴方がいましたが、何を企んでたんですか?」
安「、、、今から8年前くらいか、、お前らが走り出した頃だ、お前らがかつての滋賀草津スラッシャーチームのS180SXとバトルしてた時からお前らを見ていたんだ」
優「!?」
安「あの頃はまだ師匠やアイツがいた時だな、、姫ちゃんが下から物凄い勢いで登っていくのを見てその気迫が凄まじかった」
優「あのバトルを見てたのですか、、」
安「見ていた、その時のオーラから感じてたんだ、、このハチロクはできる、、いつかは最速になれるとね」
優「だからここまで姫ちゃんの実力を上げさせたということですか」
安「半分正解で半分不正解だね、荒削りをして速くさせたのはそうだが、姫ちゃん自身が成長したんだ、、俺はその手伝いをしただけさ」

バトルは終盤を迎えていた
33コーナーからのかなりの低速セクを抜け、最後の左コーナーに差し掛かった
姫「よし、あとはこのストレートだけ」
須「ここからだ、ミスファイアリングシステムと4WDの真価を、、鼻先さえ入れればこちらのもんだ」
姫「来る、、けどこの先の緩い左コーナーからの右で行ける、、ここで行く!!お願いハチロク、貴方のポテンシャルが頼りなの!!!」
横並びに近い状態でに橋を超え、その後の左コーナーで姫が勝負に出た
須「!?秋名のハチロクと同じことを!!無茶だ!!」
姫「お願い、行け、行け、行けてくれ私のハチロク!!」
姫の想いがハチロクに伝わり、限界ギリギリで立ち上がったハチロクが頭で右に差し掛かり、その後のストレートで須藤のエボⅢは前に出られなかった。この結果、姫が勝利した
須「流石だ、お前のような走りは秋名のハチロクと同じ様なものを感じたぜ」
姫「須藤さん、、」
須「認めよう、お前の走りとお前のハチロク、、そしてアイツの事も」

翌日
Zero fine
姫「何か忘れてる気がしてならないのよねぇ」
優「忘れてる?エンペラー襲撃や安時さんの特訓以外で?」
姫「そう、、」
ガチャ
拓「すみません、ここならハイメタのハチロクに会えると聞いて来たのですが」
姫「その呼ばれ方は私の昔の呼び名ですね」
拓「アンタがあの時走っていたハチロクのドライバーですよね?」
姫「そうですね、私があの時前に走っていました」
優「え?どういうこと?」
姫「優ちゃん、私が横浜から帰ってきた日に秋名山を攻めてたでしょ?その時にずっと残って走っていた時に秋名のハチロクにあってるの」
拓「アンタ、物凄く強い何かを持っている、、これまで以上、、いや、この感じはあのクソ親父に似ている」
姫「藤原 文太さん」
拓「親父を知ってんですか?」
姫「昔バトルして敗れたことがあるわ」
拓「マジかよ、、なあアンタ、アンタが良ければ今夜バトルしてくれないか?あのままで終わるのはちょっと歯がゆいし」
姫「構いませんよ、私もケリをつけたかったですし」
拓「なら夜の10時に秋名山に」

次回「優雅に舞うハチロク