読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半

 

後半ではサマーブレイクのSTTから最終戦にまでを書いていきます

 

 

サマーブレイク中のTA、魔境のSTT

 

WGTCのLMが終わり、ゆっくりと休暇を取れるはずのサマーブレイクなのですが、リッジレーサーVの単発TAの開催や、魔境と呼ばれたSTTが開催されました。

そのSTTのRd.1、NYのリバースコースで開催され、その時の私はまさかのテスト期間のために全然走行ができずに18位というかなり下に落ちてしまいました。走行が上手くできたら当時11位にいけたのかなぁと思いました。

そんな中、夏休みが始まり、STTのRd.2が始まります。コースはグランバレー東、私は夏休みに入ったために走行数が多くなり、タイムが出しやすくはなっていました。ですが、結果は10位と入賞ぎりぎりになってしまいました。240RSからスプーンS2000に変更したおかげでぎりぎりでした。

(OverAllが13位.......)

 

 

RRR初参戦

 

遂に私はTA界隈でかなり歴史が長く、2016年が最終シーズンのRRRに参加しました。

RRRは4つのチームの中から一つのチームに属し、そのマシンで参加するというTAでした。このTAはWGTC、STTとは異なり、R4を使用し、さらにはタイムハンデもあるTAでした。

Rd.5、コースはブライテストナイトでした。このコースで私はPRCで参加し、PRCの有利なコースでした。

 

結果は10位でしたが、初参戦ながら入賞を決める結果となりました

 

私がPRCで参加を決めた理由として、R4の愛車、ナイトメアの会社がリザードであり、そのリザードの契約チームがPRCだったわけです。

それだけではなく、この2016年は、R4をやったことがある人は分かると思いますが、ジュリアーノ・ジルベルトの死後から30年ということもあり、矢崎のチームであるPRCで参加しようとしていたからなんです。

 

 

 

スランプの1ヶ月と覚醒したWGTCRd.5

RRR Rd.5が終わり、次にあったのはSTTのRd.3のオータムリンクがありました。

このコースでは私は240RSで参加しましたが、力及ばずに13位に落ちてしまいました。

更にはWGTCRd.4のSSR5でも全クラス13位とかなり深刻な結果に終わりましたがOverAllの結果は一つあがりました。

さらに悲惨なことが発生し、29日の朝に交通事故で一週間の入院に入りました。

そんな中、RRRのRd.6も始まり、走行できたのがまさかの二日だけという絶望を感じました。結果も後ろから二つ目という

 

そんなスランプの中、Rd.5が始まりました。コースはソウル、私は必死に走りました。そんな中、ティエヌ氏がエスクードがとてつもないタイムを出し、上位5名全員がエスクードというかなり奇妙な光景でした。

更には私はGT1クラス、GT2クラスでもいいタイムが出せ、私は完全復活と覚醒をしました。

結果はLM 5位、GT1 5位、GT2クラス 5位という快挙を出しました。

OverAll  7位

STTの最終戦、CS5でも覚醒した走りを見せ、3位という初表彰も見せました。

 

 

 

富士の死闘と初優勝のRRR Rd.7

WGTCRd.6 富士スピードウェイで開催され、かなりの死闘になりました。

かなりつらい戦いでした。その理由がコースにありました。私としては富士はコース特徴としては好きなのですが、いかんせん走りづらく、苦手なコースでした。

そんな中の結果は、LM 7位、GT1クラス、GT2クラス共に6位という結果でした。

OverAll 6位

 

そしてRRRRd.7、コースはエッジオブジアース、ここもPRC有利なコースであったためにタイムハンデが効いたのか、私はTFIA管轄のTAで初優勝を決めました。

私にとってはとてつもなくうれしかったです。

 

 

 

最終戦とありがとうRRR....

遂にこのTA界隈に参加しての最終戦、、、WGTCとRRRの最終戦が12月にありました。

WGTCの方はわちき氏とのマッチバトルになり、GT1クラスは歴史に残るバトルとなりました。

抜いて抜かれての繰り返し、どちらがOverAll6位になるか分からない状態でした。

そんな接戦の結果、LMクラス 5位、GT1クラス 4位、GT2クラス 7位という結果に終わりました。

一方、わちき氏の結果は、LMクラス 3位、GT1クラス 5位、GT2クラス 9位という結果でした。

OverAllは私が6位、わちき氏が7位という結果になりました。ポイント差はまさかの1ポイント差という大接戦になりました。

クラス結果はLM 9位、GT1 6位、GT2 7位という結果になりました。

私にとって歓喜の結果に終わりました。全クラス10位以内、OverAll6位という結果は初参戦ながらいい結果であったと思います。2017年シリーズは新たな目標として、全クラス5位以上、一回でも優勝をすることの決意を決めました。

 

RRRの最終戦、オーバルのシューティングフープス

MMMとPRCの接戦バトルになったなかの最終戦、、どのチームもタイムを削って削っての戦いでした。私もリアルが忙しい中タイムを出し、結果は3位、PRCの優勝でRRRは終わりました。

 

 

こう振り返ると、私は結構頑張っていたんだなと思いましたね。ですが、これは始まりに過ぎないのです。この2017年シリーズのWGTC、RRRと次に開催されるF1を使ったTAのSFWC、私が主催するラリーのTA、IRC、夏に行われる新生STTとGT4を使ったTAが主流になります。

新たなスタートを切り、良い結果で終われるようにしたいと思います。

 

文・クリナ・リヴェルタ

 

 

 

 

 

 

 

 

追記

私が主催するIRC(International Rally Championship)のオフィシャルブログをはてなブログで開設しました。IRC関係のまとめはそちらのブログで書きますので、気が向いたら覗いてみてください