読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第2部 エンペラー襲撃編
第1話 新たなる始まりと秋名のハチロク
第1部から8年後
「安藤、ちょっと話があるんだけど」
「え?はい分かりました」
「店長、なんですか?」
「安藤、悪いけど明日から転勤してもらうことになった。場所は群馬県高崎市だ」
高崎市、、分かりました(優ちゃんに久々に会える)」
「本当に悪いね、決まったことやからさ」
「大丈夫ですよ、3年間ありがとうございました。」
「準備よし、行こうか、私の始まりの地、高崎市に、、私のハチロク
f:id:Unknown64:20150426235008j:image

zero fine
「優ちゃん、横浜から転勤する人が来るみたいだぞ」
「横浜から、、これが姫ちゃんだったら面白いんだけどね〜w」
「フラグ立てたけどビンゴで姫ちゃんが来るみたいだぞ」
「え?マジ?」
「マジだよ、姫ちゃんも了解してるみたいだし」
「そ、そうか、8年ぶりだな〜」
「そろそろじゃないかな?」
そして二人が聞き覚えがあるエキゾースト音が響いた
「この音は、4A-Gのエキゾースト、そしてこの音は、、」
「来たみたいだな」
「お久しぶりです、店長、そして優ちゃん」
「成長したな〜姫ちゃん」
「久しぶり〜姫ちゃん!」
「優ちゃん、あまり変わってないね、でも優ちゃんのFD、雨宮のエアロキットつけたんだね」
「姫ちゃん、車のこと結構知ったの?」
「そうだよ」
「ふ、これは成長している証だな」
「今日の夜に久々に二人で連んで走ろうよ」
「いいよ、成長した私の走り、見せてあげるよ」
PM23:00

「かなり攻めるね、空きが無い、かなりの成長してる、やっぱりサイドワインダーと一緒に走ってることあるね」

「豪さんには敵わないけど、それに追いつける実力を付けたんだ、優ちゃんでもここから私の本気、見してあげる」

「!?、、姫ちゃんのハチロクから羽が、、気のせいか?」


「かなり攻めたね、ラストに思いっきり千切られたし」

「まあね、噂で知ってる通りだけど、サイドワインダーと一緒に走ってるんだよ、実力が結構付いてるんだよ」

「そりゃ速いわけだよ、私もかなり成長してるけど、姫ちゃんはそれを超して成長してるんだね」

「まあね、私はもうちょっと走るけど優ちゃんはどうする?」

「私は下りるね、頑張ってね姫ちゃん」

「うん」

それから4時間が経過

「そろそろ下りなきゃ」

「ん?後ろから一台来てる、車種はなんだ?」

「ん?俺と同じハチロク、でも速そうな感じの雰囲気がある、、」

「コーナーで離す、、!?」

「スゲェ突っ込み、俺にも出来るか」

「まさか、文太さんのハチロク、久々に文太さんに会えた、今の実力を見せにいく!」

「あのハチロクから独特な音がする、、ターボでも付いてんのか?」

「やっぱり引っ付いて来る、速い」

「仕方ねぇ、この先は5連ヘアピン、アレやるか」

「!?溝落とし、、やられた!」

「抜けた、かなり速い奴だよ、逃げにいく!」

「くっ、千切られる、食らい付け!」

バンッ!

「!?、タイヤ、逝っちゃったな」

「ペースが落ちた、、あの人、またやりあうかもしれないな、、」

「長時間使ってバーストか、家で交換しとこ」

続く






はいどうもお久しぶりです、Crιηαlεです。

やっと第2部スタートです。

これから話も複雑してくるのであらすじを次から書いていこうと思います。

では、次回をお楽しみに


次回、秋名スピードスターズ