読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第一部

第12話 ダウンヒル最速のハチロクのドライバー
とある店
「よお、文太」
「あぁ?あぁ純二か」
「ふっ、相変わらずだな、お前」
「で?なんか用か?」
「来週、ダウンヒルを頼んでくれないか?」
「やだね、所詮は餓鬼だろ」
「その餓鬼が最近噂のやつでもか?」
「............わぁ〜たよ、どんな相手か知りたいしな」
ショップ 工場
「親父のSAは速いんだよな、軽いし、馬力あるしで手強い相手、せめて350psは出したいところだな」
(この時までの優華のFDは335ps)
「私のハチロクはどうしよ」
「なら、俺が出来る限りのチューニングをしてやるよ、、、とびっきりのやつをね」
「え?」
「早速やるぞ、来週までにしておかないといけないしな」

水曜日 23:00
一台のハチロクが走る
「相変わらずだな、文太」
「まあな、純二の方も変わって無いやろ、腕」
「バレたか、もう他の車を乗るしかなくなったぐらいまでに腕がついたみたいだし」
「乗り換えか?お前にしては珍しいな、で?どれにするんだよ?」
「FCだよ」

土曜日 秋名山頂 22:00
「!?あのハチロク
「なんだ嬢ちゃんか、俺も舐められたもんだよ」
「始めようか、ヒルクライムからを始めに、それからダウンヒルとしようじゃないか」
「さあ、決着だ、優華」
「負けない、絶対に」

はい、お久しぶりです。
また何ヶ月か開けてしまいました。
まあイニとかしてましたから仕方ないですけどねw
【キャラ設定】
優華の親父
秋名でヒルクライムでは負けなしと言われたSA22乗りの走り屋
文太の同い年で、腕は確か
最近、車を乗り換え、FC3S GT-Xに乗り換えたという
参考キャラ:藤原 文太