読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第一部

第11話 ラストのラインクロス
(・3・)「五連ヘヤピンに近づいてきた!     まだNA6CEが先頭だ!」
Σ(゚д゚lll)「物凄いはやさだ!」
「ここで仕掛ける振りをしてプレッシャーを浴びせさせる、萩さんのやり方をつかって!!」
「仕掛けてくるか?そうはさせない!」
Σ(゚д゚lll)「ハチロクが仕掛けてくる!イン側をせめていくぞ!」
「甘いですよ、根岸さん」
「あれ?仕掛けてこない?どこで仕掛けてくるんだ?」
(^^;;「あの走り方は流石だな、あの萩と同じような仕掛け方だ」
ラストコーナーから三つ目のコーナー
「姉さんならここに仕掛けてきそうだよな...きた!」
「ここだ!」
「くそっ、タイヤの余力も無い、滑る!」
姫のハチロクが根岸のNA6CEのアウトにいるなかでNA6CEが滑り、ハチロクがインに入っていく
Σ(゚д゚lll)「ラインがクロスする!」
「くっ、ダメかっ!」
「いっけーー!」
ハチロクが立ち上がり、前に出た
秋名山 ふもと
「流石だな、あの萩もダメなわけだな」
「いえいえ、萩さんの特訓のおかげですよ」
「ふっ、お前のこと、覚えておくよ安藤 姫」
翌日
「おい藤山、お前の父親が来てるぞ」
「え?親父が?」

「よお!優華」
「なんで来たんだよ親父」
「簡単な話だよ、お前と走りたくなったのさ、シルバーのFDと言われてるお前とさ、お前の友達の姫ちゃんだっけ?ハイメタのハチロクとさ」
「...........親父、バトルを受けるけど条件がある、私のことを認めてくれよ、もう親父から出ようと思っているからね」
「............分かった、俺に勝ったなら認めてやろう」
(´・_[壁 (チラっ 「優ちゃんの親父さん、何処かでみたような、どこだったかな?」
続く








はいどうも、雷帝っす!
お久しぶりのこのストーリーの最新です。何ヶ月放置してたんだろうな(´・_・`)
モブさん方に顔文字を使ってみましたw
今回もキャラ紹介なし