読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第一部

第五話 プライド
三セクション前
「きた、180sxがまだ先行だ」
「まさかここまでやる奴だとわ。でも、まだ負けたわけではない!このままちぎってやる」
「あそこで仕掛けれるな」
S字コーナー
「ここだ!」
FDが壁側にある溝にタイヤを落とした
「!? させるか」
f:id:Unknown64:20131127182617j:plain
「くそっ、仕掛けれにばれた、ほかで仕掛けれる。今は喰いつく!」
f:id:Unknown64:20131127183235j:plain
f:id:Unknown64:20131127183250j:plain
「うわっ!ガードレールギリギリだ」
「ガチすぎる」
f:id:Unknown64:20131127183336j:plain
第四セクション
「こちら第四セクション、二台が通過したが、凄いことになってるぞFDがあり得ないスピードで走ってるぞ」
f:id:Unknown64:20131127183525j:plain
「ここまで接着してくるとなると、きついな」
「仕掛けれるのはラストコーナーだ!」
f:id:Unknown64:20131127183634j:plain
「あのFD、すごすぎる」
ラストコーナー
「ここだ!」
「しまっ、アンダーが出てしまった」
f:id:Unknown64:20131127183745j:plain
「や、やられた」
f:id:Unknown64:20131127183813j:plain
「勝った!」
「流石だな、優ちゃん。あとは姫ちゃんが来るのを待つだけだな」
五連続ヘヤピン
「行かないと、あんな勝負みたら走りたくなった」
「ちょ君、次はダウンヒルだよ、ここで見ようよ」
「いえ、私は行きます。」
そこにおいてあったハチロクに乗った
「あの娘、何処に向かうつもりだろう」
f:id:Unknown64:20131127184801j:plain
「!?」
「気付いたか、安時も」
「えぇ、あのハチロクから少しだけど羽根が見えました」
「あのハチロクのドライバー、時期に凄いドライバーになるな」
頂上
「ん?あの音は4A-G、まさか!」
「姫ちゃん、来たね」
f:id:Unknown64:20131127185402j:plain
「お待たせ」
ヒルクライム終わったよ」
「分かってるよ、だって見てたもん」
「そうなん?」
「そうよ、私の番だね」
「改めて名乗るよ、S180SXのリーダーの萩 陽田だ、よろしく」
「あ、安藤 姫です。よろしくお願いします。」
「よろしくな、そのハチロクが君のだね。面白そうだね」
「この車は解体屋にあった車を直したものなの」
「へぇ、まぁやろうや」
続く


はい、ヒルクライムの決着がつきました
次はダウンヒルです。
【キャラ設定】
萩 陽田 25歳
志賀草津スラッシャーチームS180SXのリーダーでS13シルビアに乗っているが、エアロは付けない地味な形になっているが腕は豪腕である。
【参考キャラ:池谷】