読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

峠ストーリー 優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説

第一部 第一話 解体屋にあるハチロク
1994年夏
「なぁ、買う車どうする?」
「どうっていっても、速くてかっこいい車が良いな」
そんな話をしている二人の女子
一人は安藤 姫
春に秋名山のバトルで、走って見たいと思った高校三年生....だけど、天然w
もう一人は藤山 優華
明るくて、車のことをよく知っている
「そういうのは、ハイテクな車とかなんだよな」
「ヘェ〜、優ちゃんよく知っているよね、車のこと」
「まあね、とりあえず、店長に相談してみようよ」
「そうね」
チューニング店
「こんにちは!店長いる?」
「どうした?というよりか、いつもより元気だね」
「だって、車を手に入るんだから結構嬉しいですよ」
「成る程ね、で、いつも通りだよね姫ちゃんは」
「でも店長、姫ちゃんも欲しい車があるみたいですよ」
「ヘェ〜、姫ちゃん、どういうのがいいの?」
「できれば、速くてかっこいい車ですね」
そうくるとハイテクなんだけど、ライトウェイトもあるからな」
「ライトウェイトって?」
「軽い車がそうだね」
「じぁ、それで」
「聞いてみるよ」
30分後
「あったよ、一つだけ、解体屋に行くけど行くよね?」
「はい!」
解体屋
「よう!で、車は?」
「あれだよ」
f:id:Unknown64:20131106190800j:plain

「!?」

「まさかのハチロクとわね」
(この車、あの時の車.....だけど、こんなに派手じゃなかったな)
「姫ちゃん、この車でいい?」
「は、はい!」
「エンジンとか気になるけど、ま、いいや、なんぼだ?」
「付けだ、10万でいいよ」
「えっ!?いいんですか?」
「いいよ」
続く


とりあえず作って見たよ
明日、第二話書くよ
コメントよろしくな!
キャラについては、第二話から