クリナ@Rのぼのぼのブログ

俺のちょっとしたことを書いていきます。

優ハチ番外 安時の過去編 Act.2

悪魔の羽が生える時 Act.2 怒りの彷徨、消えた天使 大事故から一週間後 安「...セットアップはこれでよいかな、アンダー寄りだけどクラッシュさせに来ても対処できるだろう」 朝「安時、どうなんだよRは?」 安「ああ、対デビルRへの対応のためにアンダー寄…

優ハチ番外 安時の過去編 Act.1

悪魔の羽根が生える時Act.1 散っていった蒼き天使第1部から10日後 椿ライン安「んで、どうなん?FDの調子?」蓮「悪くないよ、立ち上がりもコーナーも前のFCより速いし」安「そう、、気をつけろよ蓮二、あの悪魔とバトルした者は全員病院送りにされているん…

【報告】マリオカートシリーズ引退について

https://twitter.com/nightmare_ct/status/952141760330809344 この度、個人的な理由なのですが、マリオカートシリーズでのオンラインバトルを引退致します。 ツイートの通りなのですが、半年後までに結果が出なければ引退をします。 突然にはなりますが、こ…

2017シーズンを振り返って 11月~12月編

年末ですね~、ということで11月~12月の振り返りをしていこうと思います。 SFWC最終戦...そして 11月上旬にSFWCの最終戦が行われた。 コースは鈴鹿。相方が得意としているコースだった。 私達VMMは最終アップデートをパワーに振ったためにコーナーがきつかっ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第23話 県外遠征に向けて秋名のハチロクとのバトルから1ヶ月後姫「寒い、そろそろスタッドレスに替えなくちゃ」涼「待たせて済まない、少し君と話がしたかった」姫「高橋 涼介さん、箱根でもかなり名が知られてましたよ」涼「だろうな、君の走りを見ていた…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第22話 優雅に舞うハチロク22:00 秋名山拓「来た」姫「、、、」拓「俺さ、あの日の配達の帰りでアンタのハチロクを見た時にこの人やべえ、負けると思った、、けどバーストでアンタのハチロクが失速した時にモヤモヤとした感じが芽生えたんだ」姫「あの日は長…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第21話 いろは坂で舞うハチロクが走り出し、バトルが始まった右左とクネクネと連なるいろは坂を姫は須藤のエボⅢの前で走っている須「凄まじいな、ハチロクとは思えない走り方をする、、4WDを乗った方が良いとも思える走りだ」姫「愛華のランエボのお陰で4WD…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第20話 ブレーキの達人...そして姫「後ろから様子をみつつ、この車の走り方を見つける」愛(...たったコーナー二つ抜けただけでこのCP9Aの走り方をもう掴んでいる...姉さんはコースへの適応力、マシンへの適応力両方が長けている...安時に伝えた方が良いかな)…

2017シーズンを振り返って 9月~10月編

さて、久々に筆を取りますね。今回はあの事件が過ぎ、新たにスタートしたTA界隈の17シーズン後半の9月~10月を記していこうと思う。 新体制 あの事件で埋めた穴は番外で記したように埋まっての新たな形で17シーズンの後半が始まった。 最初に開催されたのはSF…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第19話 姉妹の絆姫「伝えたい事?」愛「うん、姉さんは今は群馬に住んでるでしょ?」姫「そうね、去年までは横浜に住んでたけどね」愛「あ、そうなの?私さ、横浜に住んでるの」姫「横浜に?なんで会えなかったのかしら?」愛「地域、、かな。私の場合、首都…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第18話 いろは坂スペシャリストvs鳥籠の姫君秋名山麓姫「よし向かうかな、いろは坂へ」 いろは坂愛「安時、今日でしょ?」安「ああ、その前に小柏とバトルが先だ」覇「貴様が聖域の悪魔か?」安「ああそうだ、覇魔餓鬼、、いや街道プレジデント、、エモーシ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第17話 決着と四神?「スピンアウトの理由はあんの?」?「ウチもFD使いだからこそなんだ、、走りが危うい、焦りがみえてる、、詰めれずにアウトなのはそのためさ」?「百合香がそういうのなら私は納得するよ」 姫「後ろから迸るオーラが私には分かる、、優…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第16話 飛翔優「先行後攻どっちがいい?ここは先行後攻後追い形式が主流みたいなの」姫「なら、後攻で」優「OK、1個目のコーナーを抜けてからスタートよ」走り始め、1コーナーを抜けた姫「始まった、、ここから優ちゃんの様子を見て抜いていく、、ただ、タ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第15話 C-121 C-121沙「C-121よ、ガツンと行こうよ真子!!」真「うん、GO!!」優「C-121、ここが踏ん張り所で仕掛けれる最良の場所」 ギャラリー「突っ込んだーーー!!!」ギャラリー4「同じラインでしかもまだ1日しか走ってないのに脅威の張り付き様だ…

2017シーズンを振り返って 番外編 風神一家失踪と新たなTA界隈

さて、今回記したことはあのSFWC Rd.5 NY戦が終わり、表彰式が終わった時に起きた出来事と、その後に起きたある大きないざこざ、それに伴うTA界隈の軌道修正の実話である。 まず最初に、SFWC Rd.5 NY戦が終わり、表彰式がいつものようにツイキャスで行われて…

2017年シーズンを振り返って 7月上旬

さて、7月上旬のことを記していこう。 これで前半戦の全てが終わった。 STTはリアルのことや諸事情とかでガチで走れないからしかたない。 さて7月上旬はSFWCがあった。 コースはNY。Verizonが得意としているコースの一つである。 まさかVerizonのケツズルが…

2017年シーズンを振り返って 5月~6月

さて、ここまでの2ヶ月間を記していこう。 この2ヶ月は頭を悩める事態が多かった時期である。 5.快挙と頭痛のタネ 5月、世間一般ではGW(ゴールデンウィーク)の時期にSFWCの第3戦が開催された。 グランバレーで開催され、皆がしのぎを削っていた。その中で…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第2部

第14話 白熱ドッグファイト碓氷峠 夜 碓氷峠優「碓氷のレベル高いなあ、流石ドリキンの出身コースだ」沙「そりゃそうよ、そんぞそこらのドリフト小僧達とはレベルが違うもん」真「そうね、タイトに続く連続コーナーは群馬じゃ少ないからね」優「へえ、、、っ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第13話 嫉妬、それが進化のカギ 昼 軽井沢優「ふう、軽く碓氷峠を走ってみたけど、タイトにコーナーが右左と繰り返してるからアクセルワークとハンドルさばきが難しいコースだわ、特にC-121は対応が難しいコーナーだから対応考えないとなあ」モブ1「お?女だ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第12話 今私がやらなければならないこと 芦ノ湖西「今頃は赤城のスラッシャーとやり合っている頃だろうな」愛「姉さんのハチロクのエンジンはどうなの?」西「ん?TRDチューンしたAE111の高回転エンジンに高回転型に対応したROM、ドライサンプによる低重心、…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説第二部

第11話 リミッター解除と新たな通り名 一ヶ月後 秋名山姫「あれから何十回走ったっけ?全然上手くいかない」 西「驚いたな、もうここまで速くなってるとは、コーナーの粗さが完全に無くなっている」麗「かなり走り込んでたからコツを掴んでんじゃないの?」…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第10話 NEWエンジン、4A-G改 午前1時 秋名山姫「私のハチロクより回転数が高いぶん安定するし、足がしっかりしてるから立ち上がりでの姿勢作りが楽、、、でも、、この葛藤は何!?」猛スピードで駆け抜けていくその黒いハチロクから焦りをみせて走り抜けてい…

2017シーズンを振り返って 3月~4月

さて、続きを記していこう。 3.本戦開始 3月、遂に全てのTA(STTは夏限定なので省く)の本戦がスタート。 遂に始まってしまった。身を投じて2年目、頑張っていこうと腹をくくった。 最初はSFWC。東京R246で開催された。 戦略はこれでいける、、、そう思って…

2017年シーズンを振り返って 1月~2月編

IRC2017 SS2 イタリア市街地 ここまでで2017年シーズンの最序盤が終わった。 また、スタートする、新たなステージに足を踏み入れる。 ここまでの戦いの数々をここに記しておこうと思う。 1.プロローグ さて、新たなシーズンがスタート。心の中で凄くわくわく…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第9話 新たなエンジンを求めて 横浜市 某所安「はい、分かりました。ありがとうございます。」ピッ安「だめかぁ、、4A-Gの良好なエンジンはやはり見つからないかぁ」愛「なんなら友人にでも頼んでみたら?」安「ん?ああ、聞いてみるかな」♪安「朝奈、4A-GEU…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第八話 サヨナラ、私の4A-Gターボ ギャラリー「来たぞ!ハチロクが前だ!」 ギャラリー「あれ?ハチロクのスピード速くないか?」 ギャラリー「うわっ突っ込んでくるぞ!」 姫「ここは、、、いける!!!」 ハチロクが普通よりも速いスピードで突っ込み、速…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第七話 破滅へのカウントダウン 秋名山 頂上 池「おい、あれは、、安藤さんのハチロクじゃないか?」 健「ホントだ、しかも後ろにはあのランエボがいるということは、、」 池「間違いねぇ、安藤さんがバトルするみたいだ、、」 ギャラリー1「なんだ?あのハ…

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 後半 後半ではサマーブレイクのSTTから最終戦にまでを書いていきます サマーブレイク中のTA、魔境のSTT WGTCのLMが終わり、ゆっくりと休暇を取れるはずのサマーブレイクなのですが、リッジレーサーVの単発TAの…

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 前半

TA界隈に身を投じた発展途上な一人の男の1年間 前半 私、クリナ@Rことクリナ・リヴェルタの今年1年間は、GT4を使ってのWGTC、リッジレーサー4(R4)を使ったRRRというTAに参加し、2つのTAでいい戦績を出し、WGTCではOverAll6位、RRRは途中参戦からなのでドラ…

優雅に舞うハチロク もう一つのハチロク伝説 第二部

第六話 秋名のハチロクの抜き方 傍観者視点 五連ヘヤピン 麗「来たな、、、やはりエボが前か、、、」 麗「ハチロクが出遅れているか、、、ま、毎回こんな感じだから気にはしないな、、、恐らくハチロクの勝ちだな」 優「ねえ姫ちゃん?もしあのハチロクが勝…